●アピアランスの恐怖

アピアランスは便利な機能ですがきちんと理解をしないと思わぬトラブルとなります。

 

アピアランスを使って下記のようなものを作りました。
墨文字の裏にアピアランスで塗りと線にM100+Y100の縁取り処理を行ったものです。

 

ところが縁取りをやめた際、塗りの色まで着色無しにしておかないとトラブルの原因となります。
見た目は墨文字のみに見えますが、出力する際にはM100+Y100+K100で出力されてしまいます。

 

文字ツールで選択するとK100と表示されますが、

 

ところが選択ツールで選択すると裏側のM100+Y100の色が表示されます。

K100の下にM100+Y100が有るので、自動オーバープリント処理によってK100にオーバープリントがかかるので、M100+Y100+K100で出力されてしまうのです。
アピアランスを使用するには裏の色にも意識が必要です。

アウトラインがかかっていると下記のようになります。
ダイレクト選択ツールで選択すると、文字の色が表示され、

選択ツールで選択すると裏の色が表示されます。

ちなみにフォントにアウトラインをかけると、フォントはグループ化されながらアピアランスを維持します。
グループを解除するとアピアランス情報が破棄され、K100のみになります。

 

新規で作成するときはちろん、以前作ったデータやテンプレートなど一度確認してみてください。

TOP→→→→→→→click
特集一覧→→→→→click